すぐにでも役にたつデリヘルのお話 未分類 コスプレ店から女の子を呼んでみました その2

コスプレ店から女の子を呼んでみました その2

0 Comment


盛岡のコスプレ系デリヘルを呼ん多時の話後半です。

彼女は私の事をキモいと思っています。ということは、サービスといえど、心の底では早く帰りたいと思っているという事です。
私は意地悪する気満々でしたので、早く帰らせないように努力しました。
まずはなんの前触れもなしにフェラチオです。
可愛らしく結ったポニーテールを掴むと勃起してビンビンになったチンコを彼女の口にねじ込みます。
最初勢い良く突っ込みすぎせしまったのか、彼女は激しく嗚咽しています。
そのまま喉ちんこに当たるように激しく動かすと、私は罪悪感と興奮のあまりイってしまいました。
今まで数々のデリヘルを呼んで来たのですが、これほど早くイってしまったのは初めてです。

女の子は呆然としていましたが、私はとても満足でした。やはり私にはコスプレデリヘルは向いていなかったのか、「もうどうでもいいや」と言う気持ちになってしまい、まだ時間はたっぷり残っていたのに女の子を返しました。
こ生意気な女だったので、あんな女にはこういった態度で仕返ししてやります。
次回以降はしばらく、コスプレデリヘルを呼ぶ事は無いでしょう。

なんだかパッとしない終わり方でしたので、なんだか心残りです。
私はもう一度違うお店から女の子を呼んでみることにしました。もちろん、1日2回デリヘルを呼ぶ事なんて初めての経験ですので、怒りに任せて呼ぶと正常な判断で呼べるかの実験にもなりますね。
私は安定の人妻デリヘルを呼ぶことにしました。

前途のように盛岡には人妻系のデリヘルはたくさんあり、優柔不断な人は相当迷ってしまうぐらいあります。
実際に私も迷うぐらいですので、これがもしお酒を飲んでいれば死ぬほど迷ってしまうと思いますね。
かなりの情報の中から、やっと一人に絞りました。
人妻の中でも好みのタイプを選んでみましたが、人数が多いだけに私好みの人が見つかるものなんですね。

この人妻は、ドスケベというアイコンがついており、お店一押しのスケベで美人な人気熟女とのことでした。
口コミサイトでも悪い事は書いていなかったので、これは間違い無いだろう!と思って呼んでみたのです。
先ほどの女の子の事を考えるとイラッとしますが、これから来る熟女に癒してもらいましょう。
思い切り甘えて、また胸の中で安心したいのです。気持ちを切り替える路いう意味でも大事ですよね?

20分ほど待っていると、早速ドアを叩く音が聞こえました。前回んこともあり、びくびくとしながらドアを開けると、想像通りの、いや、それ以上のいい感じの熟女が来ました。
ふくよかな体つきで抱き心地が良さそうな美人系の熟女です。
部屋の中に案内して、差し入れのコーヒーを渡すと彼女は嬉しそうにしていました。
しばらくして、私は早速今日起こった事を洗いざらい喋ると、彼女は心配そうに聞いてくれました。
そして気づくとキスをしている自分がいました。

まだまだ続く>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です