すぐにでも役にたつデリヘルのお話 未分類 コスプレ店から女の子を呼んでみました その3

コスプレ店から女の子を呼んでみました その3

0 Comment


彼女のキスは非常にスローで、貫禄があるような感じでした。
抱きしめながら繰り出させる舌使いは相当なもので、口内の天井あたりをこちょこちょとされると、こそばゆいと同時に快感になってきます。
彼女が着ているシャツのボタンを一つづつ外していくと、大きな爆乳があわらになります。
ホックを外すとはち切れそうになる大きな胸は、とても触り心地がよくて、いつまででも触っていられるほどです。
乳首を吸ってみると、すごく感度が良くてぺろっと軽く舐めただけでも大きな声を出して感じています。

彼女は旦那に相手にしてもらえないらしく、盛岡のデリヘルを転々として性処理を行っているという事でした。
盛岡で働いて旦那にバレないかと聞くと、もはやバレてもいいとの事でした。
別居していて離婚しているようなものだし、むしろ離婚するきっかけになっていいかも?みたいなことを言っています。
人もそれぞれでいろんな事情があるんだなぁ〜と思いながらこの熟女の相手をしていました。

私はAVでよくあるシーンを再現するために、ホテルのカーテンを開けて全開にし、彼女に手をつかせました。
外から見ると、女の子が丸見えだと思うのですが、ビルの最上階ということもあり、外からは見えないでしょう。
そんなエロい格好で、私は後ろから手マンをします。

最初は入り口付近をコチョコチョと刺激して、熟女をその気にさせます。
刺激すればする程、大量の愛液が滴り落ちてきます。
その光景はまさにAVで、私をますます興奮させました。
何度か足がガクッとなっていましたので、イってしまったのでしょう。熟女の顔を見ると赤らんでいて興奮状態も最高潮のようでした。

私の興奮状態もピークを迎え、とうとうチンコの先からは透明な液体が漏れ出してきました。
熟女にスマタをお願いすると、お尻の割れ目に挟んでバックの体勢でのプレイになりました。
不思議なもので、感覚的には生で挿入している感じに思えてきます。
何度も腰を振っていると、そんなに時間が経っていないのに我慢できずにイッてしまいました。
ここ最近オナニーをする隙がないほど忙しかったので、ものすごい大量の精子が出たのですが、これには熟女もビックリしたようで、手にとって遊んでいるようです。

こんな無邪気な熟女もなかなかいないと思いますが、そんな所を含めても好みのタイプでしたね。
今日はこんな短期間にデリヘル嬢を2回も呼んで贅沢な感じですが、一回目の子が酷かっただけに熟女では燃え尽きてしまいました。
以前言ったように、あまり調べずに女の子を呼んでしまうと、今回のように失敗してしまう恐れがありますので、慎重に女の子を選ぶようにしましょう。
そして、自分の趣味意外のジャンルのデリヘルは呼ばないことですね(笑)
自分が好きなジャンルのデリヘルをとことん利用して極めてみましょう!

きっと新たな発見ができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です