紫外線による黒ずみ毛穴

夏でも冬でも必須の紫外線対策!

 

紫外線というと夏場をイメージする人が多いと思いますが、実は紫外線は1年を通して常に浴びているものです。冬は紫外線が少ないイメージが強いですが、日中の日差しは充分に肌を日焼けさせてり影響を与えるだけでの紫外線量もあります。

 

また黒ずみ毛穴は皮脂、角質、角栓といったものが酸化してできるイメージも強くありますが、紫外線の影響によって毛穴のメラニンが生成されて黒ずみ毛穴になるといったケースもありますので、紫外線対策は黒ずみ毛穴の予防にも繋がります。

 

またUVケアも間違った方法で実践している人が多いです。ここでは正しいUVケアを通してガッチリ紫外線対策をする術を解説していきます。

塗り忘れに注意したい本当のUVケア

肌老化を最も加速させると言われるのが紫外線です。特に見えている部分は丁寧に塗るのですが、見えない部分などは手を抜きがちになるので注意が必要。

 

日焼け止めを塗る基本的な考え方は日差しにさらされる部分は徹底的に全部塗ることです。

 

美白志向の方で毎日しっかりと日焼け止め、UVケア対策は怠っていないといった方でも実は濡れていない、塗り忘れている部分というのは多々あったりします。

 

それが、耳の後ろ、髪の生え際などになります。

 

この辺りは塗り忘れや手抜きしがちな盲点の部分になりますので今一度、UVケアをする際にはチェックしてしっかりと日焼け止めやベース下地を塗るように心がけていきましょう。