脇脱毛をする時に注意したこと

ワキ脱毛では黒ずみに注意を!

夏が近づくと脇毛の処理に忙しくなる女性は多いです。エステに通ったり自己処理でカミソリや脱毛器でムダ毛を処理しているのではないでしょうか。しかし過度な脱毛は脇にダメージを与えてしまい脇の黒ずみを作ってしまいます。現在ではエステ以外にもブラジリアンワックスや抑毛ローションといった様々なムダ毛処理グッズがあります。ただしどんな方法であってもしっかりとアフターケアをしないと人に見せることができない黒い脇になってしまうので注意をしましょう。

 

特にワキ脱毛をすると刺激を少なからず与えているケースが多いです。刺激を感じた肌は皮脂やメラニンを出して肌を守ろうとします。結果的に乾燥してしまい余計に悪化していく傾向が強いです。脇脱毛をしたあとは必ず保湿を行うようにしてください。ただし脇はデリケートな部分なので顔に使うような保湿クリームでは専用のものを。美容家の友人は「黒ずみ解消クリーム」をいつも脇に塗っています。高保湿成分が配合されており潤いのある肌をキープしてくれます。

実は制汗剤も脇を乾燥させる原因になる。

汗をかくシーズンになると女性の場合は制汗剤で脇汗を止めようとします。しかし制汗剤は脇汗を抑えると同時に肌を乾燥させる特徴を持っています。乾燥すれば余計に皮脂分泌を促進させたり刺激を感じてしまいます。確かに腕を上げた時の汗ジミは恥ずかしいものがありますが、制汗剤はできるだけ刺激の弱いタイプを選ぶのがベスト。

 

何度もスプレーすればそれだけ刺激を与えていることにもなるので最近ではスプレータイプよりもクリームタイプの制汗剤が人気です。理由としては持続力が高いこと。スプレータイプは1日に何回も吹きかける必要があるのに対してクリームは朝塗れば夕方〜夜まで効果が持続します。

 

スプレータイプに比べれば値段も少々高いですがコストパフォーマンスを見れば塗る回数が少なく持ちが良いのでスプレータイプと月にかかる費用に差はほとんどありません。今年の夏。綺麗な脇を維持するために今日、説明したことをぜひ、実践してみてください。